広島の質と買取のお店「まるい」です。広島市内で貴金属(金・プラチナ)、ブランド時計、宝石の買取はお任せ下さい。宅配買取も行っています。

ホーム > 質屋ってこんなところです

質屋ってこんなところです

質屋の歴史

質屋の歴史はとても古いと言われていて、物々交換から貨幣経済へと移行した鎌倉時代まで遡ってその歴史は約700年の歴史があると言われています。その当時の質屋は今のようなブランド品を扱ったりするのとは違って、櫛・かんざしなどの髪飾りや、反物など衣類のほか味噌やお米などやお酒などを扱った庶民的なお店と両替商などの大きなお店があったと言われています。

貨幣経済の発達に伴って、質屋は重宝されるようになりました。

生活品を質に入れてはお金を借りて短期で返済する。
そういったカタチが庶民の間に定着していたようです。

江戸時代には、物を大切にするという風習が庶民に行きわたり、質屋は更に発展していきました。ちなみに歴史上有数の大商人三井財閥の創始者、三井八郎左右衛門高利も江戸に出て越後屋呉服店(現在の三越)を開く前は質屋をやっていたようです。

昭和50年代に入ると、消費者金融やクレジットカード等、お金を借りる手段が多様化してきたこともあり、質屋の件数は減少していきます。
しかし、最近になって物をもっと大事にしていこうというエコ意識や、消費者金融の行き過ぎた取り立ても社会問題となり、自分の持ち物の価値の範囲で安心してお金を借りられる質屋のシステムがだんだんと見直されてきています。

近年は国民生活が豊かになったことに加えて大量生産される品物が増えはじめたことで、とりわけ生活品においては使い捨てされることが多く、中古品に価値が見出せないものが増えました。
その反面、ブランド品や宝石類、貴金属品など、流行に大きく左右されず普遍価値や希少価値のある品が現在では質草の主流になっています。

当社でも時代の流れとともに、取り扱う品物も変わってきておりますが、どのような時代になっても価値のある品物を正しく評価できるよう、日々研鑽を積んでいます。

安心してお金を借りられる質屋の便利なシステム

質屋では、お客様の大事な品物を質屋が一時お預かりして、お預かりした品物を担保にお金をお貸します。

元金と利息をお持ち頂ければ、お手元に品物が戻ります。お利息だけをお持ち頂ければ、契約期限を延長することができます。

元金とお利息を払われなくても、品物の所有権がお客様から当店へ移るだけですので、取立てもありませんし、遅延利息も発生しないという、鎌倉時代から700年以上続く、安心で安全なシステムです。

質屋でお金を借りる>>