広島の質と買取のお店「まるい」です。広島市内で貴金属(金・プラチナ)、ブランド時計、宝石の買取はお任せ下さい。宅配買取も行っています。

月別記事一覧 2009年9月

八丁堀店の改装3



  八丁堀店の改装が終わってあわただしく荷物を運び込み、最初はぐち

ゃぐちゃの状態でしたが、少しずつ片づけていくうちにだんだんお店らしく

なってきました。
Image466

Image462


書類を整理していく棚や収納箱をこれから注文してと、一息つくまでもう少

しかかりそうです。



ブランド品・時計・宝石・貴金属の高価買取は
質屋のまるい




不動産訪問

先週末から八丁堀店の改装に入ってるので、日中の時間を不動産関

係の仕事に当てることにしました。


昨日は午後から複数の不動産業者を訪問して顧客の動向を確認。

どの業者さんに聞いても、この不況の影響でどのエリアでも家賃相場が

去年より2割以上さがっていると聞き、現状の厳しさに思わずため息が出

てしまいました。

来年は今よりもさらに相場が厳しくなるという話もあり、今後のことを考え

ると思わず身の引き締まる思いでした。


その中である業者さんは、今の顧客が求めている設備やサービスについ

て丁寧に教えてくれたばかりか、うちが現在サービスとしてつけている設

備について、「正直この設備は今の顧客のニーズに合わなくなってきてい

るので、基本的には外した方がいいですよ」と貴重なアドバイスをして頂き

ました。


基本的に業者さんはこちらに気を使って、なかなか本音で語ってもらえな

いことがほとんどなのですが、今回の方は言いにくいことも正直にお話し

いただいたので、とても参考になりました。


客付けは仲介業者さんに全てお任せしている以上、こちらは直接顧客と

接する機会がないために、なかなか顧客のニーズを理解することが難し

いのが現状です。

そのため、顧客が全然求めてないサービスを良かれと思って提供してし

まっていることもあると思います。


不動産業者訪問も含めて、もっと様々な人の意見を聞いていかないとい

けないなと実感しました。

質屋のイメージ

午後から女性2人がご来店。


ご来店の理由を聞いてみると、本当は別のお店にいくつもりだったけど、

たまたまうちの看板が目に入って来てみたとのこと。右手をみると、うち

の近所の見たことあるデザインの会社の広告チラシが。

なんだか躊躇しながらご来店の様子だったので、その理由を聞いてみる

と、ヤクザみたいなとても怖そうな人がいるんじゃないかって、内心びくび

くしながら来ましたといわれました。

思わず苦笑いになりましたが、一般の方の質屋に対するイメージはまだ

まだそんなダークで胡散臭いイメージなのかもしれません。うちのお店の

場合、ビルの6階ってこともあり、お店の様子が見えない分よけいに足を

踏み入れづらいってこともあるかもしれません。ただ、実際に利用して頂

いたお客さんには、「思ったより入りやすかった」と言って頂くことも多く、

その後何度も足を運んで頂く方もいらっしゃいます。


いずれにせよ質屋業界に対するマイナスイメージを払しょくすべく、頑張っ

ていかないといけません。一度できあがってしまったイメージを変えていく

ことは容易なことではありませんが、広告宣伝やお店の雰囲気作り、サ

ービスの向上などできることから一つ一つやっていくことが大事だと考え

ています。


ちなみにさきほどの女性の方、カルティエの時計だったんですが、査定額

をお伝えすると即決で売って頂きました。

ビルの雑務

  昨日はお店を閉めたあとにビルの雑務で舟入のビルに直行。


先日退去した部屋の原状回復工事の確認、メゾネットタイプの部屋の1F

のエアコンの取替工事の確認、カーテンレールのビス止め作業、エアコン

のドレンの先端部分が部屋の中に入ってきており、それが原因で床が水

浸しになっている部屋の状況確認等一通りの作業を終えると夜9時前で

した。基本的に平日はビル回りができるのが、質屋のお店が終わった後

かお店が始まる前なので、なるべく効率よく作業をこなしていかないとい

けません。


ただ、現場に足を運ぶことで今まで見落としていた設備の不具合や床や

クロスの汚れ、もっとこうしたらどうかといったアイデアが生まれるときもあ

ります。特に共用部分の電球が切れていたり、ダストボックスのゴミがあ

ふれていたりといった事は、やはり現場に行かないと分からない部分です

ので、時間をとって定期的に回らないといけないですね。


ビル全体を綺麗に保つことが空室対策の中でも一番大事な事だと考えて

るので、手間を惜しまず頑張っていこうと思います。