広島の質と買取のお店「まるい」です。広島市内で貴金属(金・プラチナ)、ブランド時計、宝石の買取はお任せ下さい。宅配買取も行っています。

月別記事一覧 2010年3月

和紙

久し振りの晴れ模様。

太陽の日差しがお店にも入り込んで、和紙の色合いがとても素敵な感じになっています。

DSCN56440001

DSCN56430001
半透明の白い和紙の上に、ぼんやりと文字が浮かび上がっている感じが何とも言えないですね~。

質屋の道具

今日は、普段質屋の仕事で使っている道具をご紹介します。

DSCN56420001

画像の上が「ダイヤモンドテスター」

ダイヤモンドかどうかチェックする道具です。


画像の下が「モアサナイト判定器」

プレシディアム社製モアサナイト判定器。ダイヤモンド類似石のモアサナイトを高精度で鑑別できる道具です。
特に1ctを超えるダイヤモンドの真偽判定には必ず使用しています。



改めて考えてみると、こうした鑑定の補助器具にずいぶんと助けられてます。
特に、買取したものが万が一、偽物だったりすると、損失は全てかぶらないといけないわけで、本物か偽物かを判断するために、知識と経験以外に道具に頼っている部分が結構大きい気がします。


その他にも色々な道具がありますが、またの機会にでもご紹介します。



ダイヤモンドの買取は-質屋のまるい

PCサイト・・・http://marui7.co.jp/
携帯サイト・・http://marui7.co.jp/mb/

cafe vag

先日行ったポットラックのオーナーさんに教えてもらったコーヒー屋さんに仕事帰りに行ってみました。

dc030811[1]


「Cafe Vag」

幟町の福屋別館の前にあるお店です。

とても頑固そうなオヤジさんが一人でやっています。


こちらにあるコーヒーは全て、コーヒーの国際専門機関が開催するインターネットオークションで、直接ブラジルの生産者から仕入れているようです。


一番安いもので、250gで840円。
とりあえずこちらを購入しました。

Image599


オークション形式で卸業者を介せず仕入れができるため、かなり安く仕入れができるようです。
同じレベルの豆を百貨店なんかで購入すると、どうやら100gで700円前後するらしく、何だか得した気分になりました。


次の日早速飲んでみると、確かに旨かったです。

久し振りにいいお店に出会えました♪♪♪

妻の誕生日

先日、妻の誕生日に知り合いに教えてもらった「ポットラック」という家庭料理店へ行ってきました。

夜は基本的に予約がないと入れないお店です。

Image593


Image594
家庭料理で野菜中心のものが多かったんですが、薄味なのに食材の味がしっかり出てて、とてもおいしかったです。

野菜一つ一つの仕入れ先もかなりこだわっておられるようで、トマトなんかは今まで食べたことのないくらい甘かったです!!
年配の人も安心して来られるお店ですね~。

Image596
ローストビーフの混ぜご飯。
酢のきいたご飯とローストビーフが絶妙の味でした!!

このローストビーフはかなりやばかったです。
少し残念だったのが、この時点でかなりお腹が膨れてたので、タッパーでお持ち帰りして次の日にでもゆっくり堪能したいぐらいでした。


夜のコース料金は5,000円からということで、記念日みたいな時しかいけそうにないですが、是非また来たいと思わせるお店でした。
お店の方もとても気さくな方で素敵な人でした。


場所は狭い裏路地に入った奥にあるので、「え!?こんなとこに!?」と思われるかもしれません。
知る人ぞ知るお店、といった感じです。

ポットラックのホームページ:http://www.pot-luck.jp/index.html

住所:広島市中区西十日市町2-15

自分の健康について

最近仕事中にはまっている飲み物がこちら。

DSCN56400001
「ブレンディ・スティック」のカフェオレ

カフェオレは普段はあまり飲まないんですが、なぜかこの商品にはまっています。
粉を入れてかき混ぜるだけなので、簡単にできますし。

ただ結構いろんなものが入ってるので、1日一杯と決めてます。
便利で簡単に飲めたり食べたりできるものは、大体それだけ悪いものが入ってるもんですからね。


生ゴミなどは、基本的に微生物が処理してくれるそうですが、コンビニの弁当は逆に微生物が死んでしまうというから驚きです。

最近の人間の死体は相当な時間放置されても、なかなか腐らないと言いますし。
人間の体が食べ物に含まれている保存料などで薬漬けにされてきていることが原因みたいです。


怖いのは、殆どの人が知らないうちに、無意識に普段から大量の薬を食品会社から与えられ続けているということ。

20代・30代から癌に侵されたり、障害をもつ子供の数が増えてきていることは、保存料などの薬が大きく影響していると、最近読んだ本にも書いてありました。

ただ、こうした事実があまりメディアでも取り上げられないのは、大手食品会社の圧力が多分に影響しているからだと思います。
そうした事実を公表されてしまっては、どこの会社もすぐに立ちいかなくなりますから。

今は、便利で安く、効率的なものを提供していくことだけに目が行き過ぎて、人の健康を守るという観点で食物を提供している会社があまりにも少ない気がします。

資本主義社会なんだから仕方がないと言われればそれまでですが、命に関わることである以上、まずは消費者が今よりも自分自身の健康について考えていくことが必要かもしれません。


話がそれてしまいましたが、結局自分の身を守るのは自分しかいないということですね。

ちなみに私は数年前から、コンビニやファーストフードのものは、なるべく食べないようにしています。

イチゴ狩り

先日、嫁の実家の近くにある江田島のイチゴ農園に行ってきました。

Image586
Image584
旬の時期を少し過ぎてたんですが、全然おいしく頂けました。
ただ、今回のところはイチゴが1種類しか栽培されてなかったので、最後の方は少し飽きもきてしまって思ったより食べれませんでした。

やはり水気の多いものは、そんなに多く食べれないものですね。


ちなみに嫁の父はなんと80個近くも食べていて、手に持ってるマス型のごみ袋がイチゴの草であふれんばかりの状態になっていました。


「お金払うからには、ちゃんと元をとらんといかん。」
と、始まる前から口癖のように言っていましたが、やはり気合の入り方は本物でした。
片方の手でイチゴを口に入れつつ、もう片方の手は食べれそうなイチゴを掴んでいる、という感じでその手際の良さは、イチゴ狩りのプロフェッショナルを感じさせるものでした。
多分、イチゴ早食い競争の県大会レベルなら、優勝してしまいそうな勢いです。

息子の方もイチゴが大好物なので、口の周りがイチゴの果汁で大変なことになるくらい思いっきりほおばっていました。


場所的にほとんど込み合うことがない農園でしたので、混雑したところが苦手な人にはお勧めです。

ホテル シルクプラザ

隣のビルの「シルクプラザホテル」の解体工事。

DSCN56390001
30年以上営業を続けてきた老舗のホテルで、一階にあった喫茶店は小さなころから父親と一緒に何度か利用していたので、無くなってしまったのが少し寂しい気がします。

800坪ぐらいあろうかという敷地ですので、いずれ近いうちにまた新しい建物が建つんでしょうが、なんせ隣だけにどんな用途の建物が建つのかきになるところです。

個人的にはショッピングセンターなんか出来てくれたら、この白島通りも少しは賑やかになりそうですが、百貨店より北側は完全にビジネス街なのでそれは難しいだろうなぁ~。

それにしても、白島通りも古びた建物は、今ではほとんど見当たらなくなりました。