広島の質と買取のお店「まるい」です。広島市内で貴金属(金・プラチナ)、ブランド時計、宝石の買取はお任せ下さい。宅配買取も行っています。

月別記事一覧 2010年9月

有木屋

休みの日に家族で尾道に行ってきました。

昼前に尾道市に到着してどこかで昼食をすませようと尾道駅周辺をうろうろしてると、たまたま入った狭い裏路地にとても小さいお店ながら7~8人位の行列ができているお店を発見しました。

海味そばの「有木屋」。

行列ができているとついつい並んでしまいたくなるのが私のクセで、パンが食べたいという息子と妻を説得して待つこと30分。

そば屋なんで、お店の回転も早いだろうと気楽に考えてましたが、あれよあれよという間に30分近く待つことに。
その間かなり前から腹をすかせてた息子は我慢できるわけもなく、ぐずる様子を何とかなだめようと隣のパン屋に走りこんで、小さなクロワッサンをいくつか買ってきて、食べさせているうちに入店できました。

中に入ってみると、大体想像がついていましたが、カウンター席が6席しかなく、厨房では一人で目まぐるしく動き回る店主の姿がありました。
お水はもちろんセルフサービス。

メニューはシンプルなもので、こってり味とあっさり味の2種類があったので、こってり味の方を選んでみました。

Image4529

スープはとてもあっさりしていて、塩ラーメン!?とはいっても今まで食べたことのある塩ラーメンとは全く別種類の味でした。

「有木屋の海味そば」というブランドがはっきり確立されているような独特な味で、まさにここでしか味わうことのできないラーメンです。
麺も固めでスープにとてもよく合っていました。


私よりはるかにあっさりしたラーメンが好みの嫁は大絶賛。

「ここ数年食べたラーメンなかでは一番の味だったわ!!」

と、お店を出てからもしばらくの間は興奮状態が続いていました。

後で知りましたが、このお店は雑誌やテレビでかなり有名なお店のようです。(どうりでおいしいと思った!)

あっさり系のラーメンが特に好みの方は、高速を使ってでも一度行ってみる価値があります。

有木屋
住所 尾道市土堂1丁目11-22
TEL 0848-24-7797

その後しばらくして突然頭が猛烈に痛くなって、当日の目的だったロープウェーに乗って千光公園に行くことを断念して引き返すはめに・・・。


尾道へは桜の咲く季節に出直してきます!!
その時も間違いなく「有木屋」に足を運ぶことになりそうです。

ピンクのビル

うちの営業している八丁堀店のビルの目の前の古いビルがリノベーションをしていたのですが、完成した後の外壁をみてびっくり!!!

DSCN59120001
うちのビルと同じピンク色!しかも色あせてきている当ビルとは違ってかなり濃い目のピンク色です。何だかイタリアの街にでも見かけそうな感じかも。

しかしよりによって何でピンクに?

といってしまうと逆にこちら側が突っ込まれそうですが、ピンクのビルが通りをはさんで並ぶ形になりますので、白島線を通る人にかなり強烈な印象を与えそうです。

ビジネス街なので特に。

今まで「通りのピンク色の角ビルです」の言葉で道案内が成立していましたが、これからはもう少し説明を補足していく必要がありますね。

それにしても、改装前までは全然入居者が入る見込みのなかったボロボロのビルが、リノベーションをした途端に3件中2件が決まったようです。

中途半端にではなくて、思い切ってがらりとビル全体を変えてしまうことで、全く別のビルに生まれ変わらせることのできたいい例だと思います。

1階はカクテル屋さんが入ったようですので、今度会社帰りにでも行ってみようかなと思います。

店舗カード

久し振りに店舗カードを自分で作り替えてみましたが、文字がなぜかピンボケしてるわ、裏のお店の地図も微妙ににじんでしまっているわで、イマイチの出来。




Image4507
せっかく作ったんで、とりあえず出してはいますが、近々きちんと作りなおさんといけません。

今週は色々と忙しいんで、来週の始め位になるかなぁ・・・。

由布院の森号ストラップ

先日うちの奥さんが家族で大分の由布院に旅行に行ってきた時のおみやげがこちら

「由布院の森号ストラップ」
DSCN58940001

シンプルですが、かわいらしくてとても気に入っています。

ほんとは私も旅行に参加したかったのですが、平日ということで、さすがにお店を閉める訳にはいかず・・・。

自分だけ寂しく店番ということもあって、何となくフラストレーションの溜まってた私は、嫁が持ちかえってきた「うみたまご」の水族館のパンフレットや、日本一の人道大吊橋で有名な「夢大吊橋」の写真なんかをみて無理やり行った気分になろうとしましたが・・・やっぱり無理!!

冠婚葬祭以外は決して休むことの許されない職業だというのは分かってはいますが、ごくたまーにサラリーマンがうらやましいこともあります。