広島の質と買取のお店「まるい」です。広島市内で貴金属(金・プラチナ)、ブランド時計、宝石の買取はお任せ下さい。宅配買取も行っています。

月別記事一覧 2015年12月

2014年新作 カルティエ ミニタンクアメリカン WG/革

カルティエのタンクアメリカンシリーズに、2014年に新しくミニタンクアメリカンが加わりました。

DSCF2702 96361411_1

ケース径 縦約27ミリ(ラグ含む)×横約15.2ミリ(リューズ除く)と従来のモデルに比べて一回り小振りなサイズ。近年レディス時計は小振りなサイズが当たっていることを考えても、これから注目を集めそうな予感がします。

ちなみにこのシリーズはハイブランドの位置づけになるので、SS(ステンレス)タイプは生産されないようです。

弊社で準備が整い次第、インターネットで再販予定です。

 

お客様から

先ほどお客様より嬉しい差し入れを頂きました。

 

IMG_6580


個人的に甘いものは昔から好きなので、テンションが上がりっぱなしです!

K様、いつもありがとうございます!

 

質屋という仕事

私がこの業界に入って10年が経ちますが、最近になって改めて思うのは、質屋はお客様から信頼してもらわないと成り立たない商売だということ。質屋の本業はお客様の大事な品物をお店に預けて頂いて、初めて成り立つ商売です。


単にモノを売るということでしたら、満足のいく金額を提示できればすむ話かもしれませんが、自分の思い入れのあるモノを一時的にせよ他人に預けるという行為は、信頼できる相手でないと決してできないはずです。
我々が品物を値踏みする以上に、お客様は冷静にお店の値踏みをされています。お店の雰囲気はどうか、査定をする人間は誠実な人間なのか、言動に嘘はないか、この会社は信頼できるか等々。仮にどれだけ店構えが立派であっても、そこで働く人間が信用に足らぬ者だったら、その場の取引はあっても、将来に渡って取引しようと思わないはずです。


鑑定業ですので、持ち込まれた品物を適正に評価することは当然大事なわけですが、会社としてお客様との長期的な信頼関係を築いていけるよう、日々努力を重ねていきたいと思います。

 

 

 

 

 

今月の作品

今月12月の作品です。

DSCF2718 DSCF2719


字体によっても表現方法は様々ですが、今回の様にデザイン性の高い和紙や、その他の材質のものと組み合わせても、とても素敵な作品になるような気がします。

IMG_6576 IMG_6577


こちらは銀箔の下地に硫黄で文字を書いた作品です。


照明次第で全体の色合、雰囲気がガラッと変わります。


眺めていると文字が浮かび上がってくるような不思議な印象を受けます。

今年の最後に

51n7HGzHPaL._SX350_BO1,204,203,200_[1]


書店で何気なく手に取り買ってみましたが、久々に心を激しく


揺さぶられるような衝撃が残ります。


仕事に対する姿勢や人生観がもの凄い。業界の革命児と言われるだけあって強烈な生き方です。


最近は寝る前に必ず手に取ってしまいます。


特にビジネスマンの方にはお勧めだと思います。