広島の質と買取のお店「まるい」です。広島市内で貴金属(金・プラチナ)、ブランド時計、宝石の買取はお任せ下さい。宅配買取も行っています。

ホーム > 借りる > 利息の具体例

利息の具体例

主婦の田中さんの場合

ヴィトンのバッグで50,000円を借りました。
毎月利息と一緒に元金の入金を10,000円ずつ支払うことに。この場合の利息は?

質契約をされた月から、1ヵ月以内に利息と元金の10,000円をお支払いされる場合

  利息 元金 お支払い合計
1ヶ月目 4,000円 10,000円 14,000円
2ヶ月目 3,200円 10,000円 13,200円
3ヶ月目 2,400円 10,000円 12,400円
4ヶ月目 1,600円 10,000円 11,600円
5ヶ月目 800円 10,000円 10,800円

※元金入金後の残りの元金分に対する利息が、翌月以降にお支払いされる利息金額となります。

毎月利息額が減ってきますのでその分お得です。

会社経営の小島さんの場合 

時計販売の会社を経営をしている小島さんが、商品在庫として抱えている時計の商品を一部預け、お金を得る場合の質契約は?

会社の商品を預ける場合は、「商品質」の契約になるため、契約期間は1ヵ月となります。
その他の契約内容は全て一般の「質預かり」の契約と変わりません。
契約期間内に利息をお支払い頂けると、契約の更新もできます。

※ただし、「商品質」のご契約の対象になるのは、会社経営の方のみです。それ以外の役職の方との契約はできません。

女子大生の高橋さんの場合

バッグを10月10日に質屋に預け、お金を借りました。
査定額3万円でお金を借り、翌月11月20日にバッグを取りに行った場合、支払い金額は?

借入れ金額は3万円のため、5万円以下の金利である8%が利息となり、1ヶ月の利息は30,000円×8%=2,400円となります。
バッグを取りにきたのが契約日から40日経過後なので、利息は2ヵ月分となります。

預け期間 利息
10/10~11/9 1ヵ月分
11/10~12/9 2ヵ月分
12/10~ 1/9 3ヵ月分

つまり、お支払いの合計金額は 元金(30,000円)+利息(2,400円×2ヶ月)=34,800円 となります。

会社員の佐々木さんの場合

ロレックスを質屋に預け、お金を借りました。
査定額15万円のうちの8万円を借り、3ヶ月が経過しようとしましたが、ロレックスを手放したくないため、契約期限を2ヶ月程延長することに

借入れ金額 利息 利息合計
50,000円以下の部分に対して 50,000円×8%=4,000円 -
50,000円を超える部分に対して 30,000円×5%=1,500円 -
    5,500円

5,500円×2ヶ月=11,000円を支払えば、当初の期間より2ヵ月契約期限の延長が可能となります。

品物を手放してもよい場合はそのまま放置しておいて問題ありません。契約期限日が過ぎた時点でそのまま契約が終了します。その際こちらからご連絡や支払いの催促をすることは一切ありません。

※契約期限が切れた場合、そのまま契約終了となります。遅延損害金などの費用は一切発生しません。
質流れ品となった品物を売却してそのお金を返済金とするため、取り立ては一切ありません。