まるいの志

変化を続けながら、現代の人々に必要とされる質屋であり続ける

日本では古来よりモノには魂が宿るとされていて、日本人は昔からモノを大事してきた文化がありました。江戸時代にはリサイクル業が盛んで、例えば傘張りや、古着屋、割れたお茶碗などの陶磁器を、石灰に麩糊 ( ふのり ) と粘土を混ぜた接着剤でつないで、火鉢や七輪で焼きなおして元通りに使えるように修理する焼き継ぎ屋のような職業がありました。

質屋はモノの価値を見極める専門職として、そうした日本人の文化に寄り添うように、人々の生活に密接につながっていました。

ところが近年では資本主義経済の発展とともに、そうした価値観が急激に変わってきました。企業の利益優先の考えから安価なモノの大量生産、大量消費の時代になり、グローバル経済の中で使い捨ての価値観が浸透してくるようになりました。

しかし最近になって、限りある資源の問題や、環境の問題から改めてモノを大事にする価値観が見直されつつあります。

ヨーロッパでは、一つのモノを手入れしながらずっと使い続けていくことが当たり前とされていますが、資本主義経済の変化とともに、これからの日本でもこのような価値観が再び浸透してくると思います。弊社はリサイクル業を通じて、使用しなくなったモノを買取して必要とする人へ繋げていくことも大事な価値観だと感じていますが、「大切なモノだからこそ大事に持ち続ける」価値観も大事にしていきたいと考えています。

質屋は入りづらいものという固定概念を壊して、新しい、気軽に利用していただける質屋でありたいと思っています。

質屋の本質を守り続けること。

時代の流れの中で、変えるべきことは変えていくこと。

変化を続けながら現代の人々に必要とされる質屋であり続けること。

それがまるいの志です。

価値のあるものを正しく評価します

物の価値には二種類あります。

一つは、金額的な価値。
単純に今の市場でいくらの値段が付くか、その時代の流行や相場によって変わります。
まるいでは、査定の専門知識を持ったスタッフが、正しく鑑定士、商品の評価をさせていただきます。

二つ目は、人の思いからくる価値。
大切な人からもらったものや、自分でお金をためて初めて買ったものなど、
人によって思い入れの深いもの、思い出のあるものは、価値のあるものと考えます。

まるいは、人の思いのこもった価値にできる限り寄り添いたいと思っています。

人とのつながりを大切にします

まるいの商売の基本は人だと考えます。
人がいて初めて物と人を結び付けることができる。
まるいは、質預かり、販売を通じて、人との関係、人とのつながりを大切にします。

物を大切にします

まるいの基本は質屋です。
ものをつなげていくという事は、ものを大事にする事にもつながります。
それはお客様の大切なものをお預かりする、質屋の「質預かり」システムにもつながってきます。
世代を超えて、ものをつなぎ、価値あるものを大切にします。

ロゴに込めた思い - 花が大きく咲くようにご縁をつなぐこと

2018年で創業60周年を迎えるにあたり、まるいのロゴをリニューアルしました。
まるいが大切にしている事をロゴに込めて形にしています。

質屋を利用する「人」
商いの道具である「品物」と「お金」
お客様に居心地のよい「場所」
そして、それらはすべて大切な「ご縁」でつながっていると考えます。

花のようにも見えるモチーフは、五つの円=ご縁 をつなぎたいという思いを表しています。
ご縁をつないでいく事で、さらにご縁が広がる。
花がどんどん大きく咲いていくように、お客様と共に成長し、新しい価値をご提供していきます。

株式会社 まるい
住所
広島市南区段原日出2丁目6-3
電話番号
082-283-7811
営業時間
9:30~19:00 (土曜 9:30~18:00)
定休日
第1土曜・日曜・祝日