0120-952-556営業時間 9:30-19:00
すべてみる

宝石を鑑定してもらうための基礎知識

宝石はその美しさと希少性から非常に高額な物として扱われています。その一方で形状や色合いによる価値の違いを素人が判断するのは困難です。中には見た目が似ているだけで実際はほとんど価値が無い物もあるので注意しなければいけません。宝石の価値を正しく認識するためにも、鑑定の必要性や注意点などを詳しく学びましょう。

 

所有している宝石の価値を正しく知る方法

・素人には宝石の良し悪しを判断するのは難しい

採掘量が少なく、市場に出回っている数も限られている宝石は非常に高額な金額で取引されます。また、希少性の高さに加えて色合いや形状の美しさも宝石の価値を左右する重要なポイントです。そのため、宝石の価値を正しく知るためには豊富な知識が必須であり、素人が良し悪しを見分けるのはほぼ不可能と言えるでしょう。宝石の価値を知るには添付されている鑑定書を確認するのが確実な方法ですが、すべての宝石に鑑定書が付いているとは限りません。特に親から子へ代々受け継がれてきた宝石は鑑定書を紛失しているケースが少なくないため、市場での価値を正しく知るには専門知識を持つ鑑定士を頼る必要があります。

・宝石鑑定を行う業者の選び方について

宝石の鑑定と言えば高級店の奥で売り物の宝石を入念にチェックするイメージがあります。そのような所もありますが、不要な貴金属を現金化できる買取業者や街の質屋なら手軽に宝石鑑定を依頼することが可能です。ただし、鑑定する人間の知識や経験値によって金額に大きな差がでてしまう可能性もあるため、出来る限り知識が買取経験が豊富な人材のいるお店を選ぶことが必要です。また、鑑定のみの依頼を受け付けていない業者も稀に存在するので注意が必要です。 
 鑑定士はあくまでも宝石が本物かどうか、そして質の程度を調べる専門家です。いくらで買い取るなど具体的な金額を示すわけではないので、金銭に換えることを目的としている場合は注意しなければいけません。

 

ダイヤモンドの鑑定方法や買取査定額の詳細

・ダイヤモンドは非常に価値が高い宝石

数が非常に少ないうえに独特の美しさを持つダイヤモンドは宝石の代名詞と言っても過言ではありません。GIAやAGTジェムラボラトリーなど、世界的に広く知られている宝石の研究機関もダイヤモンドの価値を高く評価しています。所有しているダイヤモンドの価値を知るならこのような研究機関に属している、優れた知識を持つ鑑定士に依頼するのが賢明な方法です。ダイヤモンドの価値は大きさや重さ、色合い、カットデザインなど様々な事柄に影響されます。鑑定機関であれば色合い、クラリティ、カットの正確な評価を行ってくれるため、価値を正しく見極めるには優れた鑑定士を頼るのが最適です。本物のダイヤモンドと判断されたら鑑定書を発行してもらうことができます。

・ダイヤモンドは4Cが分かれば査定金額を算出することが可能

ダイヤモンドの評価方法は、基本的にカラット、カラー、クラリティ、カットの4つで構成されます。それぞれが細かくランク付けされ評価していくことで、査定金額を算出していきます。専門機関の発行する鑑定書がありますと、4つの要素についてそれぞれランクが評価されていますので、その内容を参考に算出することが可能ですが、鑑定書がない場合ですと(古いものはほとんど鑑定書がないケースが多い)鑑定する人間が4つの要素をランク付けして評価を出していきます。当然鑑定する人間の技量によって評価が変わってきますので、最終的な査定金額が大きく変わってくることもあり得ます。

・ダイヤモンドの買取査定額は景気に影響される

ダイヤモンドをはじめとする宝石は高値安定というイメージがあります。投資の対象としても人気がありますが、その一方で宝石の価値は景気に影響されやすいのも事実です。宝石は富や権力をアピールするためのステータスアイテムとして扱われる装飾品であり、実用品としての価値はほぼありません。好景気な時期は高値で取引されますが、不景気になるとその価値は大きく下がってしまいます。宝石の多くは数が少ないことを高い価値の裏付けにしているため、産出量が増えることも価値が下がる理由の一つです。そのため、同じダイヤモンドでも時期によって査定額が大きく変わる場合があります。

 

 

自分でできるお手軽な調べ方

ダイヤモンドが本物か偽物か分からない場合、簡単な方法で調べることができます。ダイヤモンドを通して向こう側の景色を見た場合、本物なら形が分からないほど歪んで見えます。ダイヤモンドは光の屈折率が高いため起こる現象です。また、熱伝導率が高いのも特徴の一つなので、息を吹きかけて曇りが生じてもすぐに消えてしまいます。向こう側の景色がはっきり見えたり曇りが長く残っている場合は偽物の可能性が高いと言えるでしょう。

 

大切な宝石だからこそ価値を正しく知る必要がある

家族からの贈り物など、特別な意味がある宝石の市場価値を知ることに抵抗を感じるかもしれません。しかし、大切な宝石だからこそ本物かどうか、本物ならどの程度の品質なのかを正しく知ることが重要になります。宝石の質の程度を知らないとどうしても扱いが粗雑になってしまうためです。宝石に込められた想いを無下にしないためにも、宝石そのものの正しい価値を知る必要があります。

 

株式会社 まるい
〒732-0818
広島市南区段原日出2丁目6-3
電話番号
082-283-7811
営業時間
9:30~19:00
営業日(段原本店)
月~金
営業日(西蟹屋店)
月~土(※第2土曜休)
休業日(段原本店)
土・日・祝
休業日(西蟹屋店)
第1土曜・祝